top of page

ああ無常





住職の雄道です、こんにちは。


私が山梨に帰ってきて六年経ちました。


旧交のあった者とまた繋がったり、

距離が離れ、友人と疎遠になったり、


「初めまして」があり、

「さようなら」があり、


結婚をした者がいて、

離婚をした者がいる。


お葬儀で、祖母との思い出に涙を流すお孫さん。

その傍らでは、元気な幼子が元気にはしゃいでいる。


六年間、いやそれ以前からずっと繰り返されているこの現象を、

「無常」というのでしょう。


変わらないものなどなくて、常に変化の中にある。


いつも出会いと別れの真っ只中。


人間の細胞も脳細胞以外は、日々入れ変わっていて、

今の私は、六年前とでは、細胞的に違うものです。



だが一方で!

私の中身を振り返ると何にも変わっていない!


その精神年齢は相変わらず低い!


子どもの頃、大人になれば、勝手に内面は成熟すると思っていたのに、

蓋を開けたらそんなこともなく、

依然として高卒レベル。


どうなっているのか?

責任者出てこい!


しかし、そこで出てくる責任者は私自身何ですよね。。。


孔子先生は、

四十=不惑=迷うことが無くなる

と仰った。


変わる環境と、

変わらぬ中身。


神よ

変えることのできないものを

静穏に受け入れる力を与えてください。


変えるべきものを変える勇気を


そして

変えられないものと

変えるべきものを区別する

賢さを与えて下さい



ラインホルド・ニーバーというアメリカの神学者の言葉です。


変えることの出来ない事実を受け入れる力、欲しいものです。





Comentarios


bottom of page