top of page

積み重ねたモノが。。




住職の雄道です、こんにちは。


一日のお勤めも無事終わり、夫婦仲睦まじく過ごす食卓。


何気ない会話が繰り返される中、


「このイワシのから揚げ美味しいね!」

と私が言った瞬間。

先程まで、笑顔で話していた妻の顔から、一瞬の内に表情が消え失せ。

「これカレイ。」と一言。


それ以降、何を話してもこちらを憐みのこもった眼差しで見つめてきます。


信用を積み上げるのは大変な割に、

失うのは実にあっけないものですね。


テレビで有名人の方が、謝罪会見をしたり、

場合によっては、警察のお世話になる様子を拝見することがありますが、

これは対岸の火事ではないのかもしれません。


このブログを書いているさなかも、彼女の私に対する、可哀そうな人を見る様な視線が刺さってきます。


「青身魚と白身魚の区別もつかない人」、一度張られたレッテルは中々自分の手では剝がせません。


責任ある立場に就くと、その立場に相応しい行動を求められるもの。


住職として求められる振る舞いを身に着けていきたいものです。


取り合えず、私はこれから何か衣の付いたものを頂く時は、

それがどのような食物でであるかを確認の上、感想を述べようと猛省しております。




Comentarios


bottom of page